2018/07/03

パリの国連で夢を食う。

パリの国連で夢を食う。 (幻冬舎文庫)
川内 有緒
幻冬舎 (2017-06-09)
売り上げランキング: 176,757
kindle版
■川内有緒
本書は2014年9月イースト・プレスから単行本として上梓され、2017年6月に幻冬舎文庫として出版されたものの電子書籍版である(解説は省かれている)。

「国連」と聞いてわたしがまず思い浮かぶのは黒人の痩せこけた幼子の黒い目で、これはユニセフのCMからの印象だろう。なんとなく、「地球上の難儀な地域に行って、働いているひとたち」「核兵器廃絶とかCO2削減とか環境問題とか地球規模でいろいろ議論をしているひとたち」というイメージである。

しかし本書で描かれているのは「そういう国連」ではまったく、無かった。
「現場で働く」国連の方々もいらっしゃる。
だが、著者が5年半務めたのはパリにある国連のオフィスで、たまに出張とか現地に飛ぶことはあったが現地調査は別のひとがやることに決まっており、あくまで事務方的なポジションだったようだ。
予算が2年ごとに決められていて、人員とかも部署ごとに決まっていて、仕事量と人数が合っていなくても補充も難しいとか、残業しにくい環境とかが書かれていて。
こ……これは規模が「国際レベル」になっただけの「市役所」では……。
(著者はバリバリ働きまくりたかったが、そういう部署ではなかった。だが、部署ごとに人員割当等が決まっているから、忙しい部署への異動とか出来るシステムじゃなさそうだった)。
わー、なんて非効率的! 

そもそも国連に正規職員として勤めようと思ったら大変な応募倍率で、2千人に1人くらいの狭き門らしい。
国籍によって採用枠が決まっているので、国によって倍率は変わってくるみたいで、あと入り方も何種類かはある。
著者のようにインターネットに求人が出ていて応募、というのもあれば、その国に勤めている国家公務員の出向?みたいなのもあるらしい。
部署によって異なるんだろうけど、著者の勤め先では休暇もたっぷり取れるし、残業も無いし、お給料もそこそこ良いし(著者が日本で勤めていた時はもっと稼いでいたらしいが残業もたっぷりあった)、福利厚生は充実。
外交官特権でスピード違反しても捕まらないし(国連職員は、緑色の外交官用のナンバーなので)、パスポートも国連職員ならではのをもらえる。
何より、25年勤めたら、死ぬまで結構な額の年金がもらえるんだそうだ。
すごーい。

でも著者5年半で辞めちゃったんだよね。それは何故か。本書を読んだらわかるけど、まあ、求めていた職場とあまりにも違ったんだろうな。
日本で「安定が一番だから、公務員になりたい」というようなタイプだったらこの職場は最適・最高・夢のようだろう。

勤務先がパリなので、パリに住むわけだが、いざ住む場所となるとパリは住宅事情が非常に厳しく、中でも賃貸物件は非常に少なくて大変――というのは『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』にも出てきたので、「あー」と思った。
でもなんのかんので良い部屋を見つけておられる(数か月かけて、だけど)。

パリ勤務だったらフランス語も必要なのかと思ったら職場では英語でもなんとかなって、フランス語は後追いで勉強された模様(でも銀行の手続きとかではフランス語がよくわからないために苦労や失敗があったみたい)。

経歴を見たら日大の芸術学部卒だったので意外だったが、大学進学のときは映画製作に興味があったということで、本書の終盤でも退職時に記念映画(?)を制作したりしている。
この最後の映画については、ものすごい国連への皮肉で、これからも国連に勤め続けるひとたちへの「最後っ屁」感があまりにも強くて、ご本人は至極満足していたみたいだけど、どーなのかなー。後で陰口たたかれてんじゃないの? 若気の至りってヤツなのかなー(31歳で就職して5年半で退職だから36歳くらい……微妙なところだな)。

国連辞めて、そのあとどうされたかというと、なんと作家になられたそうで。えー作家だったら国連辞めなくても良かったんじゃないの勿体ない、と思わないでもないけど、夫さん(作中で出会い、結婚する!)と遠距離のままっていうのもどうか、っていうのもあったのかもね。

「文庫版あとがき」で、「意外なことに」本書を読んで国連で働きたいと思ったひとからの感想がいくつかあって驚いたと書かれているが、ははは、これはもう丸っきりの皮肉ですな。

おいくつくらいの方なのかなーと思いつつネットで近況を見てみたら2014年時点で42歳のようだ(ソース:「42歳で一児の母になる。」オフィシャルページABOUT Meより「2014年11月長女出産」(国連を辞めてノンフィクション作家へ/あの人のことば@ハフポスト )。
えっ、てゆーか42歳で初出産かー。大変そうだけど、この方らしいような気もする。

目次
序章 エッフェル塔は輝いて
第1章 迷宮と穴蔵
第2章 国連のお仕事
第3章 パリの空だけが見えた
第4章 転がる石
第5章 不思議の国の魔法はとけて
文庫版あとがき

↓ちなみに単行本はこんな装幀。随分違うなあ。

パリの国連で夢を食う。
川内有緒
イースト・プレス
売り上げランキング: 291,994

吉祥寺だけが住みたい街ですか?(3) (ヤンマガKCスペシャル)
マキヒロチ
講談社 (2016-10-06)
売り上げランキング: 26,438