2018/04/28

東京近郊スぺクタルさんぽ

東京近郊スペクタクルさんぽ
宮田 珠己
新潮社
売り上げランキング: 2,703
■宮田珠己
本書は「Webでも考える人」にて連載された同タイトルを加筆・修正したもの。
2018年5月25日刊。

ほとんどを休日である本日に読んでしまったが、読んでいる最中に「これは、こういうふうにまとめて一気読みしないほうがいい本なんだろうな」とは感じた。もともとがWebの連載であり、内容がいつもの宮田大兄的ゆるゆる見物記で、タイトルは「スぺクタル」とかジョークで大きく出ているが、現実世界ではともかく創作物あふれる書籍上においてはむしろ「劇的なことはなにも起こらない」省エネエッセイであり(誤解されたら嫌なのであえて書くけど決してけなしているわけではない)、余った時間にちょこちょこ覗いて拾い読み、少しずつ楽しむほうが向いているだろう、ということだ。

省エネエッセイ、と書いたけど、「んー、これは経費節減という向きも少しはあるのかなあ…」と正直思わないでも無かった。
海外エッセイとまで行かなくとも、日本各地いろんなところを旅して書かれたエッセイに比べたらスケール感はどうしても小さくなってしまうのであり、まあ東京近郊の方には「近場ですぐに行ける!」という売りはあるのだろうけれども。
でもタイトルに「東京近郊」とあったので、東京中心なのかと思っていたら、実際には都内のネタは無くて、群馬とか栃木とか山梨とかなのだった。東京で全然散歩してない。というか東京で散歩する気はない、ということは最初に「はじめに」でわかる。

スぺクタル、ってなんとなく意味はわかるけど日常会話で使うことはまずない。映画の宣伝文句で見聞きするくらいかな?
あらためて意味を調べてみた。

spectacle 
大仕掛けな見せ物。絢爛豪華な装置や衣装,照明,あるいは大群衆の登場などによって,観客に強烈な印象を与えるように仕組まれた舞台,または公演。】(コトバンク@ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説より引用)

詳しくはコトバンクにリンク貼っておきます。

本書の内容を「スぺクタルさんぽ」と言ってしまっていいのかどうかの判断はちょっと棚上げしておくが、まあ宮田大兄ならではの「ノリ」なんだと思う。でもある章で寺社仏閣の木彫り(彫刻)を見に行くのまで「スぺクタル」とおっしゃっているのには同行編集者さん同様、ちょっと驚いてしまったかなあ。

結構穴ばっかりもぐってて、そういうのが好きなんだなー。

最後のほうの、昔の読売新聞記者の火口調査のくだりが一番衝撃的だった。よくもまあ、文字通り命懸け、でもあんまり悲壮感がないというか……凄い時代だったということなのかなあ。
砂漠そのものは、想像していたのと違ったけど映像や生で見たら「砂漠感」がもっとあるのかな?
一番面白そうだな、行ってみたいなと思ったのは湘南モノレール。懸垂式のモノレールで、高低差があって、ジェットコースターっぽいんだとか。普通に通勤通学に使われているけど、むしろ観光客にもっと知って欲しいらしい。江ノ電が有名すぎるというのもあるらしい。ほー。

目次
はじめに――散歩の危機
第1章 地底湖とヘンテコな町
パズルのような町と穴/地底のリゾート
第2章 地下500mの巨大空洞
ダムの面白さがわからない件/上のダムと下のダム/サムイボ的大空間/土木建造物と崇高
第3章 ジェットコースター・モノレール
君はなぜ湘南モノレールに乗らないのか/交通機関というよりアトラクション/なぜモノレールなのに、ダイナミックなのか/湘南・鎌倉スペクタクルさんば特選コース
第4章 もりあがる彫刻(波の伊八編)
人はなぜ社寺彫刻を見ないのか/日本最優秀の龍/ゴッホは伊八の影響を受けていた?/すぐれた社寺彫刻は3Dである/伊八の特徴は、細やかさ
第5章 ますますもりあがる彫刻(後藤義光編)
優れたごちゃごちゃ、題して、うじゃうじゃ/百態の龍/実在の動物のような龍
第6章 ジャングルとカニ
川のすべてを1時間半で/奇跡の森に入る/アカテガニ人生劇場
第7章 世にも奇妙な素掘りトンネル
穴を抜けて別の世界へ/トンネルを掘った人たちはどこへ行ったのか/穴と妄想/現実と異世界が交叉する/まだまだ穴はつづく
第8章 工場のなかを走る電車
配管の迷路/シラカワ氏も工場が好きだった/坂口安吾も工場が好きだった/工場夜景電車に乗る
第9章 隠れキリシタンの魔鏡
反射光に浮かぶキリスト/異形の神像たち
第10章 渓谷と森の番人
気になっていた広大な風景/スペクタクル足尾銅山/森の番人ジャンダルム/神秘の王国への道
第11章 本物の砂漠を見に(前編)
砂漠へは高速艇に乗って/砂漠とジャングルの境目/黒い不毛と緑の濃厚/スガノ氏の失敗/砂漠とプラモ屋/もうひとつのスペクタクル
第12章 本物の砂漠を見に(後編)
三原山のスライダー/中学生による研究「三原山滑走台の謎に迫る」/火口探検のゴンドラ/狂気の火口探検
あとがき
参考文献