2017/04/30

本の雑誌おじさん三人組が行く!  (別冊本の雑誌18)

本の雑誌おじさん三人組が行く! (別冊本の雑誌18)

本の雑誌社
売り上げランキング: 125,546
■本の雑誌編集部
「本の雑誌」の編集長・浜やんこと浜本茂さん、高野さんや宮田大兄のエッセイでもおなじみの営業・杉江由次さん、編集・キャンドル潤(あだ名です)こと宮里潤さんの三人組が大人の社会見学よろしくいろんなところに行ってボケまくる(?)珍道中レポート企画がついに単行本になった!
あらためて年齢をネットで検索してみるとこんな感じ。

浜やん:1960年(昭和35年)生まれ
杉江さん:1971年(昭和46年)生まれ
宮里さん:1974年(昭和49年)生まれ

本書に出てきたのけど宮里さんは本の雑誌社の前は晶文社にいたそうだ。へーえと思ってネットで検索したら「ほぼ日」の「担当編集者は知っている。」2008年9月12日の記事がまさにその時代のもので……おー!

一番最初の連載は「スタバで注文できないおじさんが企画の力でオシャレカフェに行ってみたぜ」的ヘタレ克服要素が感じられたのだが、こうしてまとめて読んでみるとそこは「本の雑誌社」なのでやっぱり書籍や出版業界に絡んだネタが多いなあ。
企画によって2ページで終わるのもあれば、5,6ページにわたるものもある。バラバラである。さすが自社雑誌の自社生産記事。

初出は「京都のあこがれ書店へ行く」だけは「別冊本の雑誌17本屋の雑誌」で、他は「本の雑誌」2010年11月号~2017年2月号。
震災後の絡みで、本誌執筆でお馴染みのひとの家の書庫・書棚を治しに行ったりする企画があったりする。

「京都のあこがれ書店へ行く」では恵文社一乗寺店、ガケ書房(2015年2月閉店、現在は左京区に移転・ホホホ座として営業中)に行かれている。
いちおう当ブログにも関連記事があるのでリンクをば(ホホホ座はまだ行った事ないんですよね~行きたいとは思ってるんですけどね~)。
恵文社 一乗寺店にいってきました♪2011.2.21の記事
ガケ書房に行ってきました 2014.4.20の記事

目次に⇒感想・メモなどを書き足し。
まえがき(浜本茂)
登場人物紹介 ⇒顔写真入り。「今月本の雑誌に遊びに来た人」と同じノリ。

第一章 家内安全
お洒落カフェに挑戦
⇒第1回。この時点で浜やん50歳、杉江さん39歳、宮里さん36歳。原宿や新宿のブックカフェにお客として行く挑戦(それのどこが挑戦なのか?と思うかも知れないが、彼らにとっては挑戦なのだ)。
またまたカフェに行く
東京タワーを階段で昇る
国会丼に挑む
シモキタの古本酒場に敗れる
新潮社に行く★★★
⇒作家がカンヅメになるための施設「新潮社クラブ」についての取材などもあり、興味津々。あの川端康成も開高健も村上春樹もここで執筆したらしい!
一箱古本市に挑戦 ★★
⇒要するに古本のフリマみたいなものかな? 面白い。
川崎図書館に行く
国土地理院に行く
⇒ゲストは宮田珠己大兄!
シンポ教授邸&石田衣良邸に行く
占いコーナーに行く
ツボちゃんと文壇バーに行く ★
⇒太宰も通った風紋とか。
松風園に行く
⇒高齢者施設の読書状況取材。
新解さんに会いに行く ★
⇒編集長は『舟を編む』を読まないように周囲から止められているんだとか…。
早川書房に行く ★
⇒ハヤカワのレストランとか行ってみたいなー。
NEO編集部に行く
6次元に行く
⇒6次元というブックカフェに行く話。

第二章 無病息災
ハンバーグを食べる
⇒神保町に越してからの企画。
シャッツキステに行く
⇒メイドカフェに行く企画。池澤春菜さんも参加。
国書刊行会に行く ★★★
⇒チェニジア料理店でランチというのが都会だなあ…。そして国書刊行会の本は高いと思っていたけどわたしの守備範囲なんてまだまだ序の口だったのデスね……。凄すぎる!
ひとりで入れない古本屋に挑む ★
⇒古本屋におじさんが何で入れないの? って思ったけどそういう雰囲気の店が結構あるらしい。ネット主流なんだろうか。
専門出版社に行く
大森氏の本棚を直す ★
警察博物館に行く
茨城の古本ワンダーランドへ行く
浅草演芸ホールに行く
おじさん刑事三人組、謎を解明
⇒青木まり子現象について。まだやってんのかという気がしないでもないけど…。
サンリオSF文庫エアハント ★★★
神保町のご老公と出版社を行く
ダ・ヴィンチ編集部に行く ★
しまぶっくに弟子入りする ★★★
⇒古本屋しまぶっくさんの仕入れ(なんと、ブックオフのせどりだけを仕入れにしているというから凄い!)の取材。面白い~。
校正の専門会社に行く
花布屋さんと函屋さんに行く
武雄市図書館に行く ★★★
⇒あの蔦屋書店とのコラボで有名な武雄氏図書館の取材。2014年4月時点。最初はかなり話題になってたけど、最近はなんだかあんまりウマく行ってないみたいなニュースがあったような……2014年の春時点ではまだダイジョーブだったようだ。
それと対照的な同県内の図書館、伊万里市図書館の取材もあり、こちらのほうもかなり素敵な、コンセプトとかまるっきり違って面白いなあ~。

第三章 商売繁盛
東京創元社に行く★★
通販生活で本棚を学ぶ ★★
⇒さっきネットで通販生活の本棚を検索したけど種類はほとんど無いのね…。しかも高い!よほどモノがイイのだろうか。ベルメゾンのほうがむしろ種類は豊富。
裁判所に行く
⇒これは北尾トロの本読んだ方が…。
京都のあこがれ書店へ行く ★★★
⇒↑感想は上に書いたので。おじさんは恵文社よりブックキヨスクのほうがホッとするとか、えーそうなんだー。
ブックオフ開店に挑む ★★★
⇒せどりをするひとをセドラーというらしい。っていうかこういう商売のメッカになってるんだね。この前経営状態がキビシーとかニュースで言ってたなあ。kindleを愛用するようになってからあんまり行ってないなー。
学校の図書室に行く
文学フリマに行く ★
⇒同人誌即売会みたいな? エンタメが無くて純文学が多いというのが意外。商売っ気が意外に無いのだね。
末井さんとエリザベスに行く
⇒女装の取材……何故「本の雑誌」が…?
ラカグとかもめブックスに行く★
クワノトレーディングに行く★
⇒カラーブックスはどこに行けば買えるのか。え?どこでも売ってるんじゃないの?恵文社で売ってたよな、と思ったら……。
日下三蔵邸に行く★★★
⇒凄い! これを基準にしたら大抵の蔵書家は「フッ、まだまだだな…」なんじゃないか!?
万歩書店を制覇する ★★
⇒岡山の万歩書店という古本チェーン店の取材。本店が特に凄い。
地方・小出版流通センターの倉庫に行く
北方謙三氏を表彰しに行く
啓文社に行く
⇒広島県福山市にある町の書店(チェーン店)の取材。
ネギシ読書会に行く
⇒貸本屋取材。
リブロ池袋本店に行く ★★
⇒2015年7月20日閉店の一日を取材。本屋さんって凄い。面白い

第四章 心願成就
角川春樹事務所に行く
SF大会に行く
本の学校に行く
⇒結局よくわからなかった。学校というか研修センター的な位置?
ブックカフェのコーヒーを飲み比べる
菊池寛賞贈呈式に行く ★★
⇒おめでとうございます。吉永小百合さんも登場!
「ヤクザと憲法」を観る
与那国島の出版社に行く ★★
⇒文字通り、手作り…すごい。
沖縄の古本屋に行く
本のにおいを調査する ★
⇒本のにおいじゃなくて本に移り香したのがどれくらいで消えるかっていう……ある意味しょーもない企画。本の雑誌らしくて良いんだけど。
暮しの手帖社に行く ★
⇒えっ、いまの編集長ってあの澤田康彦さんなの? 昔本の雑誌社で助っ人してた? 本上まなみさんの夫の? 吉野朔実の漫画に出てくる? えーっ、わーっ、イメージと違う~!! 
福音館書店に行く
ワイズ出版に行く
表彰に行く ★
⇒高野秀行さん『謎の独立国家ソマリランド』が売れて本の雑誌社に貢献したらしい。良い話だ!
山形に行く ★
⇒山形では池上冬樹さん主催の有名な小説講座が開かれているという。その取材。村田沙耶香さんが肉そばを召し上がっているシーンに遭遇して取る行動がそれなのか宮里キャンドル潤よ…!
討ち入りをする
⇒忠臣蔵取材。歴史小説特集に合わせたらしい。
カストリ書房に行く
過去を振り返る
⇒宮里さんはどうされるんでしょうか。
あとがき(杉江由次)★★★
⇒この企画の内情がよくわかって、心情が伝わってきて、まさかこの呑気(そうに見える)取材の裏にこんな切羽詰ったリアルな現実があったとは…。しんみりしました。