2016/07/27

村上春樹とイラストレーター

村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-
村上春樹 佐々木マキ 大橋歩 和田誠 安西水丸
ナナロク社 (2016-07-03)
売り上げランキング: 844
■村上春樹 佐々木マキ 大橋歩 和田誠 安西水丸
監修:ちひろ美術館

文庫本サイズのハードカバー。カバーはかかっていなくて、帯だけ。
ブックデザイン :大島依提亜
帯、大扉タイトル文字 :和田誠
判型 : A6上製 240ページカラー

村上春樹の著作の表紙や挿し絵を担当された4人のイラストレーターと村上春樹の作品の紹介。
ぱらぱら中身を見て、他の著作からの引用が多いので「いったいこれはなんなんだろう…」と首を傾げていたが、ネットで検索したらそもそもこれ、ちひろ美術館・東京【東京・練馬区】で2016年8月7日まで開催の同名の展覧会をベースにした企画本なのですね。あー展覧会の図録! 展覧会で絵と、それにまつわる文章が並べて展示されている、それが本になってる、あーそれならわかる!とスッキリ。
ざっと見た感じ、村上春樹の書き下ろし文章は無いんじゃないかな。全部既出からの引用。
画家さんに関しては、大橋歩と和田誠に関してはインタビューに行ってその記事などが書き起こされている。佐々木マキの書き下ろしは無いなあ。安西水丸は不可能ですしね…。
というわけで、「村上春樹の文章」にしか興味がないひとにはこの本は向かないかもしれないが、でもこの本を見ていると村上春樹ファンじゃなかったら出来ない企画だなというのがひしひしと感じられるので、素敵な本だと思います。しかも「物」としてもかなり「可愛い!」って感じなので、プレゼントにもイイのかも。

企画展についてはこちらのホームページでどうぞ。<企画展>村上春樹とイラストレーター
- 佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸 -


検索して「ちひろ美術館?いわさきちひろ美術館じゃないの?」と思って初めて知ったのですが、東京と安曇野それぞれにあるんですね。

この本、サイズといい、しっかりしたカバーの紙の質感といい、中身のフルカラーといい素晴らしいのですが、実際読むとなるとちょっと読みづらいかも。かばっと広げるのをためらう作りなんですよね。たぶんかばっと広げたらそこで割れちゃうタイプの本かと。いや気にしないひとは気にしないんでしょうけど。
「読む用と保存用の2冊欲しいくらいだ…」と思ってしまった。
これ、せめて倍のサイズあったらもう少し読みやすいんでしょーがー。でも、そうなったらこのお値段(¥1,944)では出せないでしょうからねえ…3千円越えるよなあ余裕で…うーむ。というわけで、実はまだざっくり目を通した程度で全然読み込んでいません。
気持ちに余裕があるときに少しずつひっそりと拾い読みしたい。そんな感じ。

わたし大橋歩と和田誠が絡んだ村上春樹作品はほぼ読んでいないんだなあ。わたしにとっては村上春樹の小説担当が佐々木マキでエッセイ担当が安西水丸。佐々木マキの絵本は好きだけどガロ時代の漫画は以前に『うみべのまち』を買って読んでみたけどシュールすぎて難しかった。

うみべのまち 佐々木マキのマンガ1967-81
佐々木 マキ
太田出版
売り上げランキング: 37,858


『村上春樹とイラストレーター』の版元はナナロク社
ホームページで中に収録されている絵の一部を見ることができるのでこれもリンク貼っておこう。

目次はAmazonにあったのでコピペ(非常に助かりました)。
佐々木マキ――羊男の肖像
『うみべのまち 佐々木マキのマンガ1967-81』帯文 村上春樹/表紙の仕事 佐々木マキ/『風の歌を聴け』/『1973年のピンボール』/『羊をめぐる冒険』/『羊男のクリスマス』/解説

大橋歩――シンプルな線、豊かな余白
『村上ラヂオ』/『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』/『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』/〈Q&A〉大橋歩さんへの9つの質問とその答え/解説

和田誠――ジャズのごとく

『ポートレイト・イン・ジャズ2』『ポートレイト・イン・ジャズ』(文庫版)/『愛蔵版 グレート・ギャツビー』/『村上ソングズ』/『冬の夢』/『村上春樹全作品1979~1989』全8巻/『村上春樹全作品1990~2000』全7巻/〈インタビュー〉春樹さんとの仕事/解説

安西水丸――村上朝日堂の盟友
『象工場のハッピーエンド』/〈コラム〉安西水丸のイラストレーション技法/『村上旭道超短篇小説 夜のくもざる』/『村上朝日堂ジャーナル うずまき猫のみつけかた』/『村上朝日堂はいかにして鍛えられたか』/『ふわふわ』/〈コラム〉『ふわふわ』ダミーブック(ラフ)について/「ふわふわ」を描いた時のこと 安西水丸/『村上かるた うさぎおいしーフランス人』/解説

和田誠と安西水丸と村上春樹――同じ空気を吸っているんだな、ということ
『NO IDEA』/〈コラム〉『青豆とうふ』と『1Q84』/『村上春樹 雑文集』/『セロニアス・モンクのいた風景』/解説

資料
本書に収録した書籍一覧/村上春樹とイラストレーター略年譜/作品目録

ナナロク社のホームページを見たら、「あっ、この本も、この本もここだったのかあ~」って感じでした。でも買ったのは初めてかも。

未来ちゃん
未来ちゃん
posted with amazlet at 16.07.27
川島小鳥
ナナロク社
売り上げランキング: 11,509

あたしとあなた
あたしとあなた
posted with amazlet at 16.07.27
谷川 俊太郎
ナナロク社 (2015-06-24)
売り上げランキング: 72,585