2016/07/18

枕元の本棚

枕元の本棚
枕元の本棚
posted with amazlet at 16.07.18
津村 記久子
実業之日本社
売り上げランキング: 23,927
■津村記久子
先日発売された新刊単行本。
書評集が好きで、ましてや好きな作家さんのそれとなれば絶対「買い」である。

最近出た本の書評なのかと思ったらけっこう昔に出た本ばっかりで、コンセプトが違うんだな、と中身をパラパラ見て気付いた。これは「津村さんを作った本たちのごく一部」だ。こういう本を読んできたよ、っていう感じの。
だから本書で紹介される本はいくつかのグループ分けがなされているんだけど、最初は児童書から入る。
おお、またもマガーク探偵団が!(こないだ読んだ『図書館のキリギリス』でも出てきたなあ。子ども向けで少年3人組といえばメジャーなのは「ズッコケ3人組シリーズ」だと思うけど直球すぎるからあえて変化球、なのかなあ。まあどっちも面白かったけどね)。

津村さんはわたしより数年お若いけど同世代、でもふだん読んでて考え方とかがあんまりシンクロしないなとは思っていたけど読んでいる本もやはりというかあんまりかぶらなかった。『平行植物』は吉野(朔美)さんが紹介されてて興味を持って買ってみたものの、ほとんど読めずに挫折したんだよなー、津村さんちゃんと読み込んだんだ、おー。えらいなあ…。いま検索したら単行本の新装版はまだあるけどちくま文庫版は既に絶版なのかな。
あと吉野さん紹介とかぶってるのは『ワーズ・ワード』。これは個人持ちするタイプの本じゃなかろうと検索したこともなかったけど津村さんのこの本で初めて知ったけどコンパクト版が出てたんだ。まあ今はもう絶版みたいだけど…。

この書評に載ってて自分が手持ちで持ってた本って『ギリシア神話小事典』くらいのような気が…しかも十代の頃の愛読書でもはや手元に無いし…。調べたらこれも絶版だな(もしやこの書評集絶版が多い!?)

でもこの書評集によって読みたいなと思った本がいくつかあったので、嬉しい(新刊書店になさそうだけど)。それに、津村さんの文章を読むのはやっぱり好きだ。違うなー、へーそうなんだーと思って読む。たとえば「刺繍か…自分からやろうと思ったことは無いなあ、これが暇つぶしにやることに入るんだ津村さんは」とか。面白いなあと。何気なくぼんやり刺繍とかしたらわたしは指にぶすぶす挿して血だらけになりそう、でも手先使うのって確かに良さそうだよなあ、やってみようかなーとか。
ツムラ本は、自分にとってちょっと違う方面から刺激を与えられるのが良いのかもしれない。

目次
第一章 絵本と児童書
デブの国ノッポの国/マガーク少年探偵団!6あやしい手紙/カモ少年と謎のペンフレンド/ことわざ絵本(ほか)
第二章 ごはんと生活
セイシュンの食卓/まいにちトースト/紅茶で遊ぶ観る考える/生活図鑑(ほか)
第三章 開いたページを読んでみる
ワーズ・ワード コンパクト版/妖精Who's Who/チェスタトンの現代用語辞典/ギリシア神話小事典(ほか)
第四章 眺めるための本
僕の夜/広重ベスト百景/100+1ERIKAS(ほか)
第五章 このぐらい頭がよかったらなあ
マイナス思考法講座/余命18日をどう生きるか/ユーモアの鎖国/働くオンナの処世術(ほか)
第六章 スポーツの本
グアルディオラのサッカー哲学/オレンジの呪縛/サッカーの敵(ほか)

マガーク少年探偵団!〈6〉あやしい手紙
E.W. ヒルディック
あかね書房
売り上げランキング: 458,822

平行植物 新装版
平行植物 新装版
posted with amazlet at 16.07.18
レオ・レオーニ
工作舎
売り上げランキング: 44,187

絵でひく英和大図鑑 - ワーズ・ワード コンパクト版
ジャン・クロード コルベイユ アリアン アーシャンボウ 長崎 玄弥
同朋舎
売り上げランキング: 298,213