2016/03/15

知の教室 教養は最強の武器である

知の教室 教養は最強の武器である (文春文庫)
佐藤 優
文藝春秋 (2015-08-04)
売り上げランキング: 8,232
kindle版
■佐藤優
米原万里さんの著作を読んでいたらこのひとの名前が出てきて。スズキムネオ事件のときになんか逮捕されてたひとだけど他のいろんな書籍でもちょくちょく名前が登場してテレビとかでもコメントしてるっぽくて知識人というのか文化人というのかどういう枠か知らないけど政治とか国際情勢に詳しいひとみたいな扱いになってる? いったいどういうひと???
と思っていたので3月13日のkindleの日替わりセールに本書が上がっていたのでふだんこういうジャンルの本は読まないんだけど購入してみた。

目次をざっと見て、興味があるところを読んで、あとはざーっと流し読みしながら興味がありそうなところは留まってゆっくり読んだ。結果、自分に興味があって、読んで面白いと思えた部分は本当に部分的で、全体としてはこちらがあまりにも無知すぎて勉強不足で消化できなかった。なにより、当初の目的だった「この人何者? どういうこと考えてるひと?」っていうのがほぼ理解出来なかった。勿論プロフィールとか簡単な生い立ち?みたいなのは書いてあったけど。己の知識にすんごい投資してるひと、キリスト教を信じてるひとだってのはわかったけど(これは意外だったな)。

また、このひとが村上春樹好きであることはわかったが、残念ながら取り上げられていた作品について未読であるため、内容を読めなかった。村上春樹好きということである種の判断は出来るけど。
特に興味を持って読んだのは、第2講座の池上彰さんとの対談、第6講座の前半(ホリエモンとの対談は具体的でわかりやすかったなあ)、第7講座の玄侑宗久との対談、伊藤潤二との対談(ホラー漫画家だそうだ。怖がりなのでわたしは読めないけど。佐藤優って漫画も読むんだとびっくり)、第8講座前半、第9講座、第10講座もまあまあだったかな(テーマ的に昨今のニュースで気になる国を扱っていたので)。

いちおうこれって学生とかビジネスマンに向けての「実用書」的な本なんだと思うけど、わたしの生活レベルではほぼ「非実用書」だった。すみません。なんだか読んでてこの本が目指しているところ、声高に言ってるテーマが、あんまりおおっぴらにこういうこと言わない内容で、みんな心の中で目標とするような内容だから、読んでてなんとも言えない気持ちになったというか。
生きてる世界が違うのね。
生きてるステージが違うのね。
それにしてもこの本においてすらも(少しだけだけど)又吉さんの『火花』を例に挙げている箇所があったので、びっくりした。わかりやすいし旬だからかな。何年か前に小林多喜二『蟹工船』がブームになったけど、葉山嘉樹が同じテーマで先に書いてるとかいうのがあって、わたしの場合は昔ゼミで読んだのだけど、本当に各方面に詳しいんだなと感心した。

目次。
まえがき
第1講座 佐藤優の知的技術のヒント
佐藤優の〝脳力"/佐藤優の本棚
第2講座 情報を拾う、情報を使う
僕たちの情報収集術 池上彰×佐藤優
情報戦を制する世界の常識 西木正明×佐藤優
第3講座 知をビジネスに取り込む
凡人が生き抜く話術7カ条/困難な時こそ読む「聖書」の言葉10/リーダーシップの要諦は『太平記』にあり/世界史のリーダーたち 山内昌之×佐藤優
第4講座 知の幹を作る最低限の読書
日本の古典に立ち返れ
ビジネスマンが読むべき30冊 斎藤美奈子×米光一成×佐藤優
宗教を知り、自分を知る
魂を揺さぶる現代日本文学の収穫
第5講座 武器としての教養を蓄える
教養は最強の武器である
ファシズムから何を学べるか――『ムッソリーニ』を読む
独学者ヒトラーの罠/「心の書」を持つということ/21世紀最大の発見「ユダの福音書」
第6講座 佐藤優式・闘い方を学ぶ
私の駆け出し時代 欧亜局ソヴィエト連邦課
検察との闘い方、教えます 堀江貴文×佐藤優
知は生きる手段である
時流にこびない反逆者たち 鹿島茂×佐藤優
世界を相手に闘う方法 藤原正彦×水木楊×佐藤優
第7講座 対話のテクニックを磨く
福島と沖縄から「日本」を考える 玄侑宗久×佐藤優
ホラーマンガから現代を読み解く 伊藤潤二×佐藤優
ローマ滅亡に学ぶ国家の資格 塩野七生×池内恵×佐藤優
第8講座 分析力を鍛える――国際情勢篇
日中文明の衝突 どうすれば勝てるのか 中西輝政×春名幹男×宮家邦彦×佐藤優
対中外交はなぜ失敗するのか 山内昌之×井上寿一×宮家邦彦×川村雄介×田久保忠衛×佐藤優
第9講座 分析力ケーススタディ――ロシア読解篇
ソ連の激動とロシア正教会/ソ連の解体とロシア正教会/ユーラシア主義の台頭/理屈より、本音で生きるロシア人/死神プーチンの仮面を剥げ/最強の独裁者プーチンの凄腕
第10講座 佐藤優の実戦ライブゼミ
第一部:ロシア情勢と「イスラム国」
第二部:来場者の質問に答える
佐藤優「知の年表」
あとがき
登場者紹介
初出一覧