2016/01/11

和菓子



彩雲堂(松江の老舗だそうです)の和菓子。伊勢丹梅田地下で購入。
坂木司『和菓子のアン』を読んで以来「ちゃんとした創作和菓子を食べたいな」と考えていたのだけどようやく機会があって購入。ひとつ270円のプチ贅沢です。
『和菓子のアン』読んだのっていつだっけといま調べたら2013年5月でした。その後『和菓子のアンソロジー』を2014年10月に読んだときもまだ実行に移せていなかった。まあそんなに強い欲求でもなかったというのと、別にコンビニのみたらし団子でも美味しくいただけてしまう庶民だからです。ケーキすらも年に数回しか買わないし…。
お皿は数年前にあべの近鉄で購入したSAKUZAN japan(作山窯)。
食べようとして、あまりに美しかったから写真に撮らずにはいられませんでした。
上品な甘さで、中にこしあんが入っていて、とても美味しゅうございました。
本当は季節ごとにこういうのを楽しめたらとても豊かな感じなんでしょうけどねー。憧れるけどまず「百貨店に行くのがメンドクサイ」とか思っちゃうんじゃだめですねー。

和菓子のアン (光文社文庫)
坂木 司
光文社 (2012-10-11)
売り上げランキング: 77,043