2014/10/04

ホットドッグの丸かじり

ホットドッグの丸かじり (文春文庫)
東海林 さだお
文藝春秋
売り上げランキング: 325,004

■東海林さだお
丸かじりシリーズ第23弾。単行本は2005.5.12朝日新聞社刊。文庫は2008.11.7刊。
解説は角田光代。

通俗小説と一緒で、流行りものを入れるとその当時はわかっても7年後の今読むと既に「時代だなあ」というのがあって、まあそういう時代反映も織り込んでこその「丸かじり」なんでしょうけどね。
大滝秀治さんの「つまらん、お前の話はつまらん」というのはググったら2002年にキンチョールのCMがあった(そういえばと思い出した、懐かしい)とかね。
100円うどんの「はなまるうどん」は知らなかったので今はどうかな?とホームページを見たらちゃんと全国にあった、メニューによればほとんどの商品は小で300円だけど、かけうどんの小は130円で、そうかー、30円値上がりしたんだね。ググったら2013年11月5日までは105円だったんだね。すごいなあ。

以下感想ざっくり。
鯛茶漬け美味しそう。/漬物は塩分控えめにはテキだす。/カツ丼を別盛りにしたら冷めやすそうな?/東海林さん肉まん好きやねえ。/オイスターバーってそんな高いんだ!/あれおのろけ豆って云うのか初めて知った!/切り干し大根は手間じゃなくてむしろ簡単で安くて美味しい認識なんだが。/3000円のお好み焼きは味付けをソースとマヨにするのが勿体ないと読んでいて思った。/ロールケーキ流行のこれは前……だよね。/ふりかけそんな好きじゃないのでこの一文は違う意味で激しく同意。/地上でまで機内食食べたくないわあ。/なんだマクドナルドのことか、近年落ち込みが激しいらしいっスね。/タンについては深く考えたら食欲失せるので考えないで食べているのでこれも斜め読み。/バター醤油かけごはんって美味しいってよく書いてあるけど、そうかなあ?/この定食屋さん美味しそう!せやけど関西やったら愛想も必要やで。/みんな人参苦手ということ?/冷やし中華にカラシ無しで食べてたけどそんなに必須なのか、今度試してみよう。/ナポリタンは逆に近年純喫茶と一緒にブームになってるよね!/IKEAのホットドッグ安くて美味いっスよ。/ラーメンにフカヒレ……(絶句)。/そうめんにはネギ派。茗荷は炊込みご飯派。/ウイロウ食べたくなってきた。/スイカは確かにそう!逆だったら良いのにね!/アンミツって今までちゃんと食べたことが無い気がする。/生きてるイカ丼……ちょっと躊躇しちゃうかも。/いまや中国産は……。/こないだリゾット作ったけどあれもナマのお米とがずに炒めて、芯を少し残す感じだよね。ご飯の仲間と思わないで食べる、というのはご慧眼!

角田さんの解説を読んで。えー、ちゃんと全部読まないのかなあ。アトランダムも良いケド未読のが残ったままとか気持ち悪くないのかなあ、と思った。

以下は目次。

正月にピリオド鯛茶漬け/ガンバレ!お新香/別盛りカツ丼は夢か/100円うどんを食べに行く/「盛り合わせ」の思想とは/肉マン走りの人々/オイスターバー見参/おのろけ豆の謎/切り干し大根の怪/ついに立ち食い寿司出現/3000円のお好み焼き/ちらし寿司の春/鯛ラーメン登場/ケーキ巻き巻き/ふりかけの実力は?/ミリン干し応援団/機内食を地上で?/ブランドバーガーを食べる/タン塩の時代/バター醤油かけごはん讃/午後の定食屋/人参の不思議/ミレーを食べる宵/冷やし中華kkもリストラ/懐かしやスパゲティ・ナポリタン/野球抜きでホットドッグ/3000円ラーメンとは/茗荷に学ぶ/ウイロウを庇う/テッペンタベタカ/アンミツ構成員/動く丼/豚づくしレストラン/桃缶の甘美/パエリヤ旨いか