2014/01/19

晴れた日は巨大仏を見に 【再読】

晴れた日は巨大仏を見に
晴れた日は巨大仏を見に
posted with amazlet at 14.01.17
宮田 珠己
白水社
売り上げランキング: 208,302

■宮田珠己
大仏と言えば奈良とか鎌倉とかだと思うのだけれども、実は日本にはそれよりももーーーっとでっかい巨大仏が各地に点在しているのだ、それを見に行くのだあ、という企画本。
単純に、高さだけの比較だと、鎌倉の大仏が11.54メートル、奈良の大仏が14.7メートル、でもこの本に登場する巨大仏は40メートル以上。いちばん大きな牛久大仏はなんと120メートルもあるというからスゴい。写真も載っているのだが、デカすぎて、なんだかもう異様だ。有難味はどうだろう……。

第1章 牛久大仏 茨城
第2章 淡路島世界平和大観音 兵庫
第3章 北海道大観音 北海道
第4章 加賀大観音 石川
第5章 高崎白衣大観音 群馬
第6章 長崎西海七つ釜聖観音 長崎、久留米救世慈母大観音 福岡、篠栗南蔵院釈迦涅槃像 福岡
第7章 会津慈母大観音 福島
第8章 東京湾観音 千葉
第9章 釜石大観音 岩手
第10章 親鸞聖人大立像 新潟
第11章 仙台大観音 宮城
第12章 太陽の塔 大阪
第13章 うさみ大観音 静岡、小豆島大観音 香川

読後、グーグルで各地の大観音をいくつか見に飛んでいってみた。近くまで寄れないのもあるけど、道路沿いからばっちり見えるものもいくつかあり、やはり独特だ。異様だ。

なお、同行する編集者は2人いるのだけど、1人(女性)がすぐに下ネタというか色ネタに走るのがううむ、という感じだ。
詳しい感想は初読み時感想に書いたのでこのへんで。