2014/12/12

※平松洋子著作 改題、増補版などのメモ 2014.12更新

ややこしいので自分用のメモを作りました。
以下の書籍は単行本から文庫本になるときに題名だけ変わっていたり、以前出たものの改訂版だったり、出版社がつぶれて他から出ることになったりしています。
「おなじもの買ってもたー!!orz」
とならないための忘備メモです。


●『アジアの美味しい道具たち』晶文社/1996年5月⇒文庫改題『アジアおいしい話』ちくま文庫/2004年8月 ※絶版。電子書籍はあるようです。未読(後日、kindle版で読みました)。

●『台所道具の楽しみ』新潮社(とんぼの本)⇒改訂『決定版 一生ものの台所道具』新潮社(とんぼの本)2009年11月 ※これは読みものではありません。フライパンとか包丁の…料理の基本みたいな本で、決定版のほうを買いましたがわたしとしては得るものはありませんでした。

●『おいしいごはんのためならば』世界文化社/2003年1月⇒文庫改題『おいしい日常』新潮文庫/2007年4月

おいしい日常 (新潮文庫)
おいしい日常 (新潮文庫)
posted with amazlet at 14.12.12
平松 洋子
新潮社
売り上げランキング: 52,518

●『こねて、もんで、食べる日々』地球丸/2005年7月⇒文庫改題『世の中で一番おいしいのはつまみ食いである』文春文庫/2008年8月

世の中で一番おいしいのはつまみ食いである (文春文庫)
平松 洋子
文藝春秋
売り上げランキング: 309,117


『ひとりひとりの味』理論社・よりみちパン!セ28/2007年4月 ⇒2011年10月~イーストプレス版に

●『鰻にでもする?』文藝春秋/2010年8月⇒『買えない味2 はっとする味』ちくま文庫/2013年10月

買えない味2 はっとする味 (ちくま文庫)
平松 洋子
筑摩書房
売り上げランキング: 255,438


●『よい香りのする皿』講談社/2008年7月⇒『ひとりで飲む。ふたりで食べる 講談社+α文庫/2014年11月 加筆修正改題の上、文庫化したもの。

2013.10.20作成
2014.12.12追記