2005/11/21

本の雑誌 (2005-11)

4860111311本の雑誌 (2005-11) アタリメ筋トレ号 No.269

本の雑誌社 2005-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

帰り書店に寄ったら助かった!今月号が出てる!というわけで「本の雑誌」11月号熟読。しかも恩田陸の最新刊が上下、これもクリーンヒットの予感。うっほほーい(古すぎて何のことやら)。

「本の雑誌」11月号の巻頭特集は豊崎由実&大森望&岸本佐知子の鼎談。ムチャ面白い。「死ね」と思ったときに「死ね」と書かずにどう書くか、その神髄は「フラメンコ」にあった……!?うーんやはりプロは違うなあ。京極夏彦の『嗤う伊右衛門』がどうしてちっとも怖くなかったかもこの記事で初めて分かりました(なんの検索もしてなかったので)。そーかー。いわゆるメジャーな「四谷怪談」を下敷きにしてるんじゃなくて更にその前身がモトなのね。ふーん。
吉野朔実さんの漫画も久々に◎に面白かった。木村弁護士のテキストは未知の作品なのですっ飛ばし。「笹塚日記」は栗ご飯がすんごい美味しそう。毎月そうだけどこの日記は食欲そそられます。あと、三角窓口でもお馴染みのささ屋のお弁当が食べたいっす。