2003/04/07

河童・或阿呆の一生

■芥川龍之介
ちょっと芥川龍之介をきちんと読み返したいと考えている今日この頃で、新潮文庫巻末の年譜を引っ張り出してきてあらためて読んでみる。中学生くらいからすごい読書してんだなあ。ほんとに天才ってこういう人を云うんだなあとあらためて思う。
『河童・或阿呆の一生』から数篇を再読。「大導寺信輔の半生」には過去の私がシャーペンで書き込んだらしい、定規で傍線やカギカッコがある。しかし何を思ってそうしたのかなど、全然思い出せない(笑)。ゼミでこれやった覚えもないんだけどなあ(やったかな?)。読書会か……それでサークルの誰かが多分取り上げたんでしょうね。でも覚えてない(笑)。我ながら、ふざけた脳みそだなあ、と思いつつ読みました。ああ暗い話だわ。
「玄鶴山房」「蜃気楼」と続けて読んで、やっぱり底抜けに暗いというか救いがないと思った。こんなシニカルな視点で生きていて、相当苦しかったろうなあと素人でも思う。