2003/01/24

凶笑面 蓮丈那智フィールドファイルⅠ

凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉
北森 鴻
新潮社 2003-01


by G-Tools

■北森鴻
民俗学の美人助教授・蓮丈那智が探偵役のこのシリーズ、「Ⅰ」だから初読の筈だが私はこの世界をもう知っていた。何故かというとあるアンソロジーにこの中の1篇が収録されており、それを読んだことがあったからだ。そのときも専門的な民俗学のものの見方が書いてあってけっこう難しいなあ、という印象だったのだが、この本もそうだった。事件そのものはそう難しくもややこしくもないのだが、ベースに民俗学があって、もちろん事件の性質や謎解きに絡んでくる大切な要素なので、うかつに読み飛ばせないのだ。でもさらりと読んだだけではこちらに知識がないのでうまく飲み込めない(笑)。でも蓮丈先生の授業を受講したら、すごく面白そうだな、とは思う。試験は難しそうだが……。ちなみにこの短編集には同著者の別シリーズからのある人物も登場する。つながってるんだなあ、とちょっとワクワク。