2002/12/14

風の向くまま

風の向くまま (創元推理文庫)
ジル チャーチル
東京創元社
売り上げランキング: 62825

■ジル・チャーチル 翻訳;戸田早紀
新シリーズの『風の向くまま』を読む。主婦が主人公の現代アメリカのヤツじゃなくて1931年が舞台で上流階級から没落したリリーとロバート兄妹が主人公です。

あのアメリカの大恐慌の時代が舞台で、株の暴落によって父親が自殺し、それによってイッキに落ちぶれてしまった兄妹のもとに、金持ちだった叔父の遺産話が転がり込む……という冒頭。しかしその条件とかがちょっと変わってたり、叔父さんの死そのものに疑問が出てきたり、……と次第にミステリ色が強くなっていく中、起こる殺人。ジル・チャーチルの人物の描き方のおもしろさは前シリーズでわかっていたけど、やっぱり恋愛をあんまり絡めない方がいいのかも。おもしろいわ~。