2002/05/17

玄い女神   建築探偵桜井京介の事件簿

玄い女神―建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)
篠田 真由美
講談社
売り上げランキング: 299903

■篠田真由美
読み始めたら「狩野都」というキャラが出てきたんで「アレ!?」となる。まったく同じ名前のキャラが吉野朔実の『少年は荒野をめざす』の主人公なんですよ。「偶然かなあ~、キャラの設定は違うといえば全然違うし……似ている点もあるけど」と思い、途中でネットで狩野都で検索してみたけど分からなかったのでまあ、いっかと思って話に没頭する。どうやらこれも私の大好きな「ひとつの館の中ですべてが終始する」パターンのもののようである。シリーズ第1作でひっかかった違和感とか過去ミステリへの皮肉も今回はほとんど見られず、おかげで気にならずに読めた。どんどこ読んで、おもしろくて眠るギリギリまで読んだがエピローグの途中でダウン。翌日続きを読んで最後まで。
ノベルス版あとがきを読んだらあっさり「狩野都」の名前は吉野さんの漫画から借用した、という記述があって拍子抜け。……あ、そうなんだ(^^;。

少年は荒野をめざす (1) (集英社文庫―コミック版)
吉野 朔実
集英社
売り上げランキング: 53078