2002/04/25

ギリシャ棺の秘密

ギリシャ棺の秘密 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ク 3-30)
エラリイ・クイーン
早川書房
売り上げランキング: 225243

■エラリイ・クイーン
最初、「訳が古いなあ」と思って奥付を見たら1979年発行で2002年でまだ9刷~。ま・マジっすか!?20年以上で9刷しかしてない?エラリイ・クイーン代表作なのになあ……。そんなもんなのかなあ……。ううむ。

これ、ネットでちらっと見たページによるファン投票で1位にされていたのです。ふーん。まあ、わかるような気もするけど(ってゆーかソレ以前に私はクイーンを数作しか読んだことがないですが(^^;)。
エラリー・クイーンものです(ややこしいなあ、これは著者名じゃなくて登場人物の探偵=主人公のコトです)。クイーンが初めて手掛けた事件がこれなんですって。ほお。ホームズで云うところの『グロリア・スコット号』ですね。
とりあえず、「これぞ本格じゃのう」という感じで。正統派ですね。現代の新本格派の中にもクイーンの影響を受けたとされる方がたくさんいらっしゃいますし。トリックとか、登場人物の証言を緻密にとっていくとか、アリバイを訊くとか、ほんとうにセオリー。やっぱお手本にされるだけのことはある。しかも、そういう「古典的」な作品でありながら犯人はバッチリ意外だった、というのが素晴らしいじゃありませんか!!見事にしてやられましたよ。まあちょっと気になる点なきにしもあらずですけど、イヤでもそんなのは些細なことで。――探偵・クイーンの人柄も結構好きです。さすがさすが。