2002/03/25

本棚探偵の冒険

本棚探偵の冒険
喜国 雅彦
双葉社 2001-12


by G-Tools

■喜国雅彦
古本蒐集マニア、あるいは単なる本好きの間でも話題沸騰の問題作(この人は漫画家らしいが本書は漫画に非ず)を読み始めましたが、いやはや、面白い!!「本の雑誌」で紹介されていて興味をもったんですけど、本好きには思い当たる節、わかるわかる、というのが盛りだくさんで、苦笑、同情、我が意を得たり!という感じの本なのだ。しかも函入りの凝った装丁。これは文庫じゃあ、ダメダメですよ。っていうヤツです。特に古書蒐集を趣味にしてらっしゃる方は必読の面白さです!!うん、愛書家ってこーゆーヤツなんだよね~(苦笑)。
それにしても古書好きってお金がかかるなあ。でも、折角買ったのに殆ど読まないのもこの人種。読めよな。ちなみに私は古書は全然興味が無いです。助かってます、マジで。ハマったら破産やもんなー(笑)。