2002/02/09

どぶどろ

どぶどろ (扶桑社文庫―昭和ミステリ秘宝)
半村 良
扶桑社
売り上げランキング: 333731

■半村良
【1日目】
帰り本屋を覗いたら儲けモノがあった。半村良『どぶどろ』。半村さんといえば私の中では星新一さんと同年代で、しゃれたミステリ短編の名手、どちらかといえば斬新で未来派都会派のイメージのある作家さんだったのだが、なんとこれは時代小説のようなのである。しかも帯の文句を書いているのが宮部みゆきさんで「いつかこの小説のような作品を書きたいと願い続けてきました。」とあるのだ!!!これを読まずにおらりょうか。
というわけで読み始めたら凄い。最初の短編のあるページなど、あまりの説得力というか人生論の凄さに感動してしまった。凄すぎる……。まだ途中だが、これは、すごいよ。半村さんのは現代モノを1冊読んだことがあるだけだったが、そのときはそんなに感激しなかったのだが……。
と思って解説などをちらっと見てみるとどうやら半村良さんというのは時代小説ミステリでも大変な権威のある方らしいのである。己の不明を恥じる……。そうだったのか、うーむ。しかも宮部さんの解説?もあってそちらもちらっと読んだけれども大絶賛である。作品を読み終わったらこれらもじっくり読もう。うう、楽しみだ。
【2日目】
読了。ああ、いい小説だったなあ。加えて末尾の宮部みゆきさんの推薦文が素晴らしい名文!解説が霞んでるね、完全に。並べて読むとその差歴然ってやつだ。